読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

iPhoneがぶっ壊れた・・・かと思った

先日のこと。大学での講義前にちょっくらiPhoneでメールチェックしようと思い、電源ボタンを押してみるも反応無し。
ホームボタンを押してみても反応が無かったので「あれ?」と思いつつ、講義が終わって研究室に駆け込んだ。




同じくiPhoneユーザの教授に聞いてみるもなんじゃこりゃ状態。
充電器をおもむろに刺してみるも効果がなかったので「こりゃ修理しかないのか・・・」と諦めつつもGoogle様に聞いてみることに。


すると、「電源ボタンとホームボタンを同時押し+長押しするとイイよ!」という記事を発見したので試してみることに。

なんと10秒後に見覚えのある林檎マークがディスプレイに映しだされるではありませんか!


どうやらこのコマンドがiPhoneの再起動コマンドだったのですねー。
教授とふんふん驚きながらもその後appleのこういうとこがダメなんだよ!的なお話に・・・



とりあえずこのお話は「壊れたかな?」と思ったら再起動してみよう!ってなことで終りにも出来るんですが、この事態があってガラケーとの2台持ちの素晴らしさに改めて気付かされました。

スマートフォンって基本不安定なので(iPhoneだけかな?w)、ある意味安定してるガラケーに緊急事態時は頼ることが出来るってことはやっぱりデカイです。



まぁ転ばぬ先の杖というか、こんなことがあろうかと・・・!的な存在、それこそが2台持ちにおけるガラケーだ!

という2台持ち賛歌でオシマイ。