生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

xamarinコミュニティの炎上について思うこと

最近、めっきり寒くなりましたが皆様体調は大丈夫でしょうか?

この寒い中、ある界隈が焚き火でボヤ騒ぎになったようです。

xamarinの勉強会でのLT資料の一コマのようですね。

[追記]:こちらLT資料ではなく、セッション資料だったようです。お詫びして訂正致します。

勉強会自体はこちら

jxug.connpass.com

上記画像が原因となり、各所でボヤが発生したようです。

今回はこのボヤ騒ぎについて色々と思うことを書いてみます。

一体何が問題だったのか?

この騒ぎ、一体何が問題だったのか?

私としては以下のような考え。

まとめると、

  1. 技術コミュニティにおいての過度な内輪ノリ
  2. xamarinコミュニティによるちょまど氏への持ち上げ(または特定の人物の偶像崇拝行為)

ではないでしょうか?

1. 技術コミュニティにおいての過度な内輪ノリ

ツイートでも述べましたように、あるコミュニティでしか通じないハイコンテクストをLTという他者へ向けた発表で用いるのは、外部から見るととても異質なものに見えます。

例え、冗談だったとしても「このコミュニティにはそういう空気感があって嫌だな」と感じる方はいるでしょうし、最悪の場合その技術そのものに嫌な印象をも持ってしまうことがあるかもしれません。

また、以前@shin1x1さんがブログで仰られていたように、技術勉強会において技術と関係のないコンテクスト共有が必要な要素を入れるのはやめましょう。

blog.shin1x1.com

知らない人からすると、ただただ意味のないものを見せられて無駄ですし、そもそも技術に対しての発表においてそのようなものは必要がないはずです。 (コンテクスト共有の要らない軽い笑いを入れる程度なら許容範囲でしょうが)

また今回のxamarinコミュニティに限らず、他のコミュニティでもこのような問題は軽度ですが抱えていると私は感じています。

対岸の火事と思わずに、自分にそのようなことはないか今一度振り返ってみても宜しいのではないでしょうか?

2. xamarinコミュニティによるちょまど氏への持ち上げ(または特定の人物の偶像崇拝行為)

今回の件が起こった背景にはどうしても「ちょまど氏が異様に持ち上げられている(砕いた言い方だとサークルの姫のような扱い)」といったことが頭をよぎります。

誰がどのような人物を崇拝しても良いとは思うのですが、どうもちょまど氏が持ち上げられる際の理由がエンジニアとしてではなく、一人の女性として見た場合の持ち上げられ方のような気がしております。

少なくとも技術コミュニティ内において、そういった目線で女性を見ることは唾棄すべきことですし、本人としても自覚があるなら何かしら働きがけをするべきなのではないでしょうか?

ちょまど氏を担ぎ上げている方々は今一度「この人が男性だった場合、同じ扱いをするだろうか?」ということを自問して頂きたい。

技術に関する人間に女性も男性もありません、一人の人間として扱う流れが一般的な世の中になってもらいたいです。

まとめ

健全な技術コミュニティ作りをしましょう。

[追記]:

JXUG主催者様よりご連絡を頂き、今回のことを真摯に受け止め、今後は細心の注意を払って運営をしていきますとの事です。

また"本スライドは、ちょまどさん本人によるものではなく、JXUG 初参加の登壇者の勘違いによるもので、不適席な内容と判断した主催者により、該当スライドを削除した状態で公開いただいています。JXUG では、今後透明性を高めるためにポリシーの明文化などを行っていきます。"(原文ママ)を加えて追記致します。