読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

Go言語フレームワークのRevelのGetting startedを和訳してみた

Go言語

Go言語がかなり熱いらしいので触ってみることにしました。
どんなフレームワークがいいのかねと調べたらRevelが検索結果の最初の方に出てきたので使ってみることに。

で、Revelのチュートリアルの和訳とかがないので和訳してみました。


かなりの意訳&拙い英語力による和訳ですので間違い等ありましたら、コメントでご連絡ください。

まず最初に

ここではまずインストール方法を説明します。

Goのインストール

Revelを使うにはGoをインストールする必要があります。

GOPATHのセットアップ

もしGOPATHを作成していないのであれば、ここで作成しましょう。
GOPATHはGoのコードが全て格納されるディレクトリツリーです。
手順は以下のようになります。

ディレクトリの作成: mkdir ~/gocode
GOPATHとして使用するディレクトリを指定する: export GOPATH=~/gocode
今後のシェルセッションに適用されるようにGOPATHを保存する: echo export GOPATH=$GOPATH >> ~/.bash_profile
GOのインストールはこれで完了です。

gitとhgのインストール

GitとMercurialが依存関係をクローンすることを出来るようにするために必要です。

Gitのインストール
Mercurialのインストール

Revelの取得

Revelを取得し、動かしてみましょう。

go get github.com/revel/revel

上記のコマンドは2つのことを意味しています。

  • $GOPATH/src/github.com/revel/revel/にリポジトリをクローンする。
  • Goが全ての依存関係を推移検索し、それらを動かす。

注意: 以前バージョン0.8からアップグレードする場合の詳細な手順については、v0.9.0のリリースノートを参照してください。

Revelコマンドラインツールのビルド

Revelのコマンドラインツールは、構築、実行、およびRevelアプリケーションのパッケージングをしてくれます。

インストール方法と使い方:

go get github.com/revel/cmd/revel

上記コマンド後、$GOPATH/binディレクトリをPATHに追加し、どこからでもコマンドが実行出来るようにします。

export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"
echo 'export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"' >> ~/.bash_profile

最後に動作するかどうか確認しましょう。

$ revel help
~
~ revel! http://revel.github.io
~
usage: revel command [arguments]

The commands are:

    new         create a skeleton Revel application
    run         run a Revel application
    build       build a Revel application (e.g. for deployment)
    package     package a Revel application (e.g. for deployment)
    clean       clean a Revel application's temp files
    test        run all tests from the command-line

Use "revel help [command]" for more information.

これですべての設定が完了しました。
次はアプリケーションの新規作成を行って下さい。




Go言語プログラミング入門on Google App Engine
横山 隆司
秀和システム
売り上げランキング: 888,711