読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

vimの設定をいじいじしてみた in Mac

vimの素晴らしさについて改めて気付いたので、MacBook Provimとイチャイチャするために設定をいじってみた。



vimをいじる前準備


設定ファイルである.vimrcをいじる前準備。

とある所でvimとちゅっちゅしてた時は~/に.vimrcがあったのだが、MacBook Proで探してみると見事に無かった。


で、どこにあるかいなー?とググっていたら/usr/share/vimにあるとの情報が。


おもむろにcdlsコマンドを実行すると、

$ cd /usr/share/vim
$ ls
vim72 vimrc


おぉ!あった!


このvimrcというファイルを~/にコピーします。

$ cp ./vimrc ~/.vimrc


~/にcdし、ls -nをしてファイルがコピーできたか確認してみます。

$ cd ~/
$ ls -n .vimrc

これで.vimrcの情報が表示されれば、設定をいじる前準備はOKです。

思う存分vimを自分色に染めちゃいましょう!


・設定をいじいじ


さて、準備も出来たので早速.vimrcをいじいじしちゃいましょう!


基本的に自分の追加したい設定を「set 〇〇」という形で挿入していきます。

ちなみに私がvimをいじいじした結果はこんな感じ。

"行番号の表示
set number

"vi互換をオフ
set nocompatible

"新しい行のインデントを現在行と同じにする
set autoindent

"インクリメンタルサーチ設定
set incsearch

"タブ文字、行末など不可視文字を表示
"set list

"閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する
set showmatch

"新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行う
set smartindent

"シフト移動幅
"set shiftwidth=4

"行頭の余白内でTabを打ち込むと、'shiftwidth'の数だけインデントする
"set smartindent

"Mac ClipBoard
vmap <silent> sy :!pbcopy; pbpaste<CR>
map <silent> sp <esc>o<esc>v :!pbpaste<CR>


こんな感じで、こちらの記事を参考に自分のお好み設定を付け足すとvimの使い勝手が段違いに良くなりました。

さらに自分で何か付け足したい!って人は、こちらを参考にするといいかも。




入門vi 第6版
入門vi 第6版
posted with amazlet at 11.09.03
リンダ ラム アーノルド ロビンス
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 74272