読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

「お金は銀行に預けるな」読了

こちらは勝間和代さんが一躍有名になった本ですねー。
ちょっと古い本とはいえ金融リテラシーに関するお話はかなり賞味期限の長い、ためになるお話でした。
実際、私も投資信託の利率を見て「1年でたったこれだけかー」と昔は思いましたが、この本に載っているように長期間でみた場合はかなりの資産になるんだなー、と改めて実感。

なんだか資産運用って貯金箱に似てますよね。
ちょくちょく貯まっていくお金具合がw
けど、お金に働かせているっていう根底の部分はやっぱり大きく相違するんですけどね。
「金持ち父さん・貧乏父さん」でも、そこらへんのお金への働かせ方が将来資産を持てるか持てないかの境目だ、と書いている通り、財布にある100円玉さえ眠らせておくのがもったいない!という意識が大事なんだと、この2冊とも読者に教えてくれてるんでしょう。


ってなわけでかなり資産運用熱が再熱してきましたw
今、また「金持ち父さん・貧乏父さん」の続編、「金持ち父さんの投資ガイド」や、「ウォール街のランダムウォーカー」を再読したりと躍起になってますw
とりあえず寝かせてあるお金が微々たるものですがあるので、それを投資信託の方へ一時預けてみようかな、と思っている次第です。
それでは、「金持ち父さんの投資ガイド」を読み終わったらまた更新したいと思っていますー。