生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

クソ雑魚ナメクジの転職ドラフト結果

medium.com

この記事読んで、転職ドラフトの結果を書くのも面白いなと思ったので書いてみる。
転職ドラフト自体は第2回から参加しているので、参加した回の結果を記載する。

尚、筆者はクソ雑魚ナメクジエンジニアなので、チョットデキルエンジニアの方々の参考にはならないだろう。

第2回

  • 企業数:3社
  • 最高提示額:800万円
  • 平均提示額:686万円

800万とか提示されて完全にビビった。

第3回

  • 企業数:1社
  • 最高提示額:460万円
  • 平均提示額:460万円

有名所でもこんなもんかー、と少しがっかり。

第5回

  • 企業数:1社
  • 最高提示額:550万円
  • 平均提示額:550万円

まぁこんなもんだよね、と納得

第6回

  • 企業数:2社
  • 最高提示額:680万円
  • 平均提示額:590万円

Fintech案件はやっぱり提示額高いなと思いましたまる

第7回

  • 企業数:1社
  • 最高提示額:550万円
  • 平均提示額:550万円

スカウトメッセージがめちゃくちゃ熱かった。
初めて返答して会社まで訪ねた。

第9回

  • 企業数:5社
  • 最高提示額:650万円
  • 平均提示額:610万円

有名な会社からドドドッとスカウト来て焦った。

第10回

  • 企業数:4社
  • 最高提示額:730万円
  • 平均提示額:687万円

こっから「スカウト来たとこ訪ねてみっか」と色々行って疲れた。

第11回

  • 企業数:1社
  • 最高提示額:550万円
  • 平均提示額:550万円

表示年齢が30台前半になったからか、ガクッとスカウト来なくなった。

まとめ

クソ雑魚ナメクジエンジニアの僕の市場価値が丸分かりですね。
こうやって市場価値という現実を突きつけれられると、もっと頑張らんとなという身が引き締まる思いになります。

頑張ってJPYマイニングしていこうな!!!!!