生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

豚肉が20キロ届きました

天気麗らかな本日。朝11時に「ガラガラ」と音を立て、ダンボール2つ分の荷物が台車に乗せられ届きました。

「ん?俺なんか買ったかな」と訝しみながら蓋を開けてみると、そこには大量の豚肉が。

いやいやいやいや。ダンボール2つ分とかアホかとバカかと。

そういえばふるさと納税で豚肉頼んでたよな・・・」と改めて確認してみると、

豚肉半身(約20キロ)

いやいやいやいや。ワイ一人暮らしやで。20キロとか無理やろ!どないしたらええねん!

とりあえず混乱していてもどうしようもないので、一旦8キロのもも肉を切り落とすことに。

えぇ・・・(困惑

あのね、まず豚肉を切り落としてみたんだけど、もう手元に伝わる感触がいつもの豚肉じゃないのよね。

なんというか、「あ、俺今肉塊を切ってるんだ」ってなるような新しい感覚。

切った時、5分くらい笑いが止まりませんでした。

で、一旦焼いて食べてみました。

ンまぁ~い!

さすが国産ブランド豚。脂身の甘さが尋常じゃない。

ただ、小腹が満たされた時点で僕は気付きました。

これ、食べ切れんの?

12月29日から実家に戻り、1月3日に戻ってくるためその間に腐ってしまうのでは・・・

急に恐ろしくなった時の状況が以下。

はい、死ぬほど取り乱してますね。

色々と掛け合ってみた結果、「豚肉いくらでも引き取ってやるよ!」って方が現れたりしたので事なきを得ましたが、マジで20キロ腐らせるんじゃないかと冷や汗かきました。

ホッとしたので、もも肉を2キロほど調理してみることに。

お湯に味噌を溶かして豚肉を茹でるだけ!簡単!

ただ、微妙に味噌の風味が感じられるだけでほぼ茹で豚になりました。

大根おろしとポン酢で食べてぇ。

次は台湾風角煮。

これは死ぬほど美味いです!

もう脂身の甘さと煮汁の濃さが絶妙すぎて思わず叫びました。

レシピはこちら。

www.lettuceclub.net

というわけで、残り18キロ豚肉があるのですが色々と料理作ってみて、余りを欲しい方にお届けすることにします。

今回の教訓:

ふるさと納税をする際にはちゃんと何が届くのか確認しよう