生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

Rustを触る①

以前、こちらの勉強会でRust触ったもののそれ以来ノータッチなので1から勉強し直してみようという試み。

eventdots.jp

一旦、愚直に公式ドキュメントを追いかけてみます。

Hello world! 〜 リリースまで

インスコ

$ curl -sSf https://static.rust-lang.org/rustup.sh | sh

Hello world!

fn main() {
    println!("Hello, world!");
}

関数名に ! がある場合は マクロ の呼び出しである。

コンパイル

$ rustc main.rs
$ ./main
Hello, world!

Cargoを使う

コードは src ディレクトリに集約。

$ cargo initCargo.toml を生成。

$ cargo build でビルド。 target/debug/hello_worldバイナリが吐かれる。

$ cargo runバイナリの実行。

リリース

$ cargo build --release で最適化されたバイナリの吐き出し。 Cargo.lock も吐き出される。

Cargoを使ったプロジェクト生成

$ cargo new hello_world --bin でプロジェクト生成。バイナリでなく、ライブラリを作成する際には --lib オプションを使用する。