生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

2015年の振り返りと2016年の目標

あけましておめでとうございます、しょっさんです。
2015年は色々なことがありました。
ちょっと自分の中での棚卸しも兼ねて何があったか書き出してみて、2016年に何をするか目標も掲げてみたいと思います。

2015年の振り返り

2015年はこんな感じでした。

  • 雑兵MeetUp登壇
  • 久々にJavaScript熱が再燃する
  • サービスをいくつかやってみた
  • 現場で初めてRuby on Railsを触れた
  • MatzさんにRTしていただいた

雑兵MeetUp登壇

雑兵MeetUp #1にLT枠で登壇しました。
その時のスライドはこちら。

完全に勢いで作ったので、発表後にもう少しちゃんと作ればよかったなという感があった。
#2は参加できなかったので#3は是非リベンジで参加したい!

久々にJavaScript熱が再燃する

paiza.hatenablog.com
の記事を読んで、「そういえばまともにモダンなJavaScript触ってなかったな」と思いMEANスタック開発に手を出した。
それを皮切りに、Mithril.jsやReact.jsなどに手を付けてすっかりJavaScript熱が再燃した。
Isomorphic javascriptで2016年も何かサービス作れたらなー、と思ってます。

Webサービスをいくつか作ってみた

2015年はいくつかサービスを作ってみました。

まず、ひとつ目はLGTM Generator。
syossan.hateblo.jp

これは残念ながら閉鎖しちゃいました。
ユニークセッションが1日4〜5でほとんど人が来なかったのもありますが、Google Image Search APIが本格的に使えなくなっちゃったってのが理由です。
Google Custom Search APIで作り直せばよかったのですが、いまいちやる気が出ず・・・

次に作ったというか海外サービスからパクったんですが、Rejected Us JP。
github.com

1〜2時間くらいでHerokuにデプロイしてやりました。
ほとんど投稿が来なかったので失敗っちゃ失敗ですね、はい。

最後にクリスマスに作ったのが、Give Me Present。
github.com

Amazonの商品の中からサンタがランダムにプレゼントくれるっぽい感じのサービスあったらおもろいなー、と思って作りました。
これもほぼ人が来ず。

どれもほとんど人が来なくてやっぱりWebサービスはバズってナンボだなーと思いましたが、継続的に使ってもらえるようなサービスでバズれるように頑張りたいです。
2016年は一つくらい話題にさせたい。

現場で初めてRuby on Railsを触れた

やっとこさPHPから離れてRuby on Railsを現場で触ってます。
PHPとは色々と違うなーと感じながらも、楽しく勉強しております。
自分の出来る範囲が段々と広まってきているので、この調子で趣味プロでやっていたことを実戦でも活かせる場面をどんどん増やしていきたい所存。

MatzさんにRTしていただいた

TwitterでツイートしたことがRubyの父ことMatzさんにRTしてもらえたことが物凄く印象的でした。

こちらのkonifarさんのスライド、SHIROBAKOを見たことがある人にとっては面白いスライドとなっているので読んでみると良いです。

**

という感じの2015年でした。

2016年の目標

2016年は以下を目標に頑張っていきたい。

  • エロ系サービスを2つ作る
  • Qiitaで1000Contributionを超える
  • ISUCONに出場する
  • MashupAwardに出場する

エロ系サービスは「これは上手いことやれば当たるだろう」と考えてるアイデアが2つあるので、これを形にする。
Qiitaはタイトル通り。
ISUCON、MashupAwardは僕にとって憧れな場所だったので是非とも出場してみたい。

この4つを目標に2016年、更に励んでいけたらと思います。
また、勉強会にも積極的に参加しますのでもし顔を合わせる方がいましたらよろしくお願い致します。

以上、2015年の振り返りと2016年の目標でした。