読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

Symfony2でAsseticを使うときに気を付けないといけないこと

お仕事でSymfony2をバリバリ触っている私です。


今回はSymfony2でAsseticを使う際に気を付けないといけないことを書き起こします。




まず、Asseticとはなんぞや?ってとこからですが、

CSSJavascriptの圧縮をしてくれる

・画像の最適化処理をしてくれる

ってな便利な機能です。


JSやCSSを読み込むのにAssetを使いますが、そのAssetにフィルターの機能をプラスしたのがAsseticなのです。


で、そのAsseticをつかってみたのですが、何故かprod環境でCSSやらJSやらを読み込んでくれませんでした・・・

何故だー!と思いつつ、色々と試行錯誤してみるとAsseticをprod環境で使う場合は以下の呪文を唱えないとダメみたいです。

$ php app/console assetic:dump --env=prod --no-debug


実際に、Asseticを使ってみると分かるのですが、読み込むCSSやJSのファイルは存在するファイルではなく、
存在するファイルを圧縮したものになりますので、その圧縮作業を上の呪文でやらないといけないのですねー。

Asseticを使おうとする方はその点に気を付けてくださいー。


それにしても

$ php app/console cache:clear --env=prod --no-debug

だったり、Symfonyは色々と事前にやることが多い・・・
こんな簡単なことに何時間もかけた自分が恨めしい(´・ω・`)