読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

プログラミング言語とどうチュッチュすればいいのか

最近JavaScriptたんとの倦怠期がやってきた。

原因は私の「JavaScriptで何を作ったらよいのか」という悩みからである。



プログラミング言語を学ぶ際の動機としては、「○○を作りたいからこの言語を学ぶ」と「この言語を学ぶと良いことがありそうだから学ぶ」という二種類にだいたいは包含されるだろう。


今の私は、この前者を経てからの後者にシフトしようとしているためJavaScriptに魅力を感じなくなっている。



こんなことを言うとさぞかし私がJavaScriptを使いこなす達人みたいに聞こえるが、実際はちょこっと使える程度だ。


なのに、既に若干飽きがきてたりするのはJavaScriptじゃなく私にかなりの問題があるのだろう。




プログラミング言語を学ぶ動機付けとやらを、出来るプログラマの方々はどうやっているのだろうか。

それとも私の認識不足で、言語のコアな部分に魅力を感じることこそが出来るプログラマの第一歩なのかもしれない。




とにかく、今オライリー本のコアJavaScript部でかなりのグロッキー状態なのである。

この現状をどうにかするべくJavaScriptで何かを作らないと身が持たないのだが、何を作るべきかということも考えつかない、と冒頭に戻ってしまう。


結局、現実逃避の果てのはてブ巡りなどで貴重な社会人の勉強時間が減っていく有様はとても勿体無く感じる。





プログラミング言語のお勉強はいつまで経っても難しいですな。