生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

習慣化ノススメ

人の生活の7〜8割は習慣で決まっているのかなと思えるくらい一日の行動は習慣化されている。


例えば朝起きて、顔を洗い、朝食を食べ、歯を磨き、家を出る。

この一連の行動は多分人としてテンプレな朝の行動だ。
しかし、ここに個人のこだわり、強制的にやらされてることなど様々なパターンが付加され、習慣化として体系づけられる。


しかも、その習慣がコロコロ変わっていくから厄介である。
私はお風呂での入浴時に読書を習慣化していたが、何時の間にかiPhoneを片手に入浴する習慣に変化していった。


利便性という面から見た場合の変化なのだが、こういった形以外にも人の習慣化は周りの環境によっても変化させられやすい柔いモノだ。



このフワフワとした習慣を強固にガチガチに生活へ割り込ませるにはどうしたら良いのか?


私はそこまで継続力のない方だが、一つのシンプルな方法を心がけている。




一ヶ月続けてみる





簡単に書いたが結局はこれに落ち着いた。
一ヶ月なんて持たないってことになれば、それは自分には適応していない行動だったか、元々やる意味がなかったことなのかもしれない。

そこは、失敗した結果として自分自身分析し、次の行動へのフィードバックにすればいい。



要は失敗しても成功して続けられたとしても、どちらにせよ得られるものはあるのだ。


行動は必ず成功に繋がる。



かくいう私も何故こんなエントリーを書いたかというと、入浴時という一番雑念から離れたところで、このように誰も得はしないが少なくとも書き手の私の得になる行動をしようと考えたからである。


そして、その習慣化をまさに実行しようとしている。



もしこのエントリーを奇特にも拝見されてる方がいて、この私の習慣化が失敗したならば、「こいつの継続力とやらもこんなものか」と笑い飛ばして頂けたら幸いである。