生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

iOS4.2にアップデートしたらwifiに繋がらない不具合

iPhone 4 Perfect Manual

11月23日、iOS4.2にアップデート出来るということで早速アップデートしてみた。




最初は特に不具合も無かったが、ここ2〜3日wifiに繋がらなくなるという不具合が出てきました。


詳しく書くと

  • 5分位通信を行う処理(safariでブラウジング)などしていると突然通信が出来なくなる
  • 表示上は接続されているアイコンになっているのに、通信を行うことが出来ない
  • wifiを再接続することで解決出来るが、また通信が途切れる


となる。


これはiPadwifi接続不具合があったことに関係があるのだろうか。
どちらにせよ、今手持ちのiPhone3G通信しか出来ない状況であるので非常に困り者である。

以後何かしらの解決策が見つかれば、追記していく。


[追記]
一旦iPhoneの電源をOFFにしてからONにすると見事直った!
お困りの方がいましたら是非試してみてください。


[さらに追記]
結局電源ON→OFFは対症療法だったみたいで・・・
で、色々試行錯誤のすえ解決しました!

無線LAN自体の設定が「自動DHCP設定」になっていたようで、これを「固定DHCP設定」にすることで無事途切れることがなくなりました。

お困りの方はルータの設定をちょこまかいじってみると良いかも。


[さらにさらに追記]
それでもブツブツと切れるので、ルータ側の設定で主に802.11系の設定をいじってみたら見事直った・・・っぽい。


[さらにさらにさらに追記]
報告してませんでしたが、やはりルータの設定をいじっても効果なし・・・
で、色々調べたらルータが古くiPhone発売後にファームウェアをアップデートしていないルータは接続がぷちぷち切れるのではないかな、と。

私が使ってますcoregaのルータは見事に数年前の遺産でしたので、今は大人しくFONを使っておりまする。
FONではぷちぷち切れる現象は見られませんでした。



結論:ルータを新しい物に変える!





このエントリーをはてなブックマークに追加