読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

古本屋のススメ

雑感

今日はお天気もポカポカ陽気で、日がな家にこもりきりの私を外へ誘うようだったので久しぶりにいきつけの古本屋へ向かいました。


古本屋のメリットは、本の当たり外れに関わらず値段が安いという点に限りますね。
例え、「これは読みにくい本だなぁ〜」という本を買ってしまったとしても、「ま、こんな値段だったしいいか」と開き直れます。
逆に、「おっ!これは良い本に出会えた〜!」と良い気分になれる本では「値段以上の買い物が出来たなぁ〜」とさらに気分が高揚すること間違いなしです。


さらに、買える本の量も新しいものに比べ多くのものが買えてしまうので、色々な本・著者に出会える点も大きいメリットです。
本の保存状態は決して良いとは言えないものばかりですが、そんなものは気にするかー!という方はどうぞ目一杯古本屋を活用してみてくださいw
あなたの人生を変えるほどの良質なクオリアな本に出会えるかもしれませんw


ちなみに私は今日3冊も新書を買ってしまいましたw



(左から「はじめてのインド哲学」・「人間は遺伝子か環境か?」・「すべては脳からはじまる」)


この中で良い物があればいいな♪