生涯未熟

プログラミングをちょこちょこと。

HORIEMON

こと堀江貴文さんのインタビュー記事を見てきました(URL:http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090302_horiemon01/


まぁ一概には感想は言えませんw
私自身文章にするのが下手くそなので、どんな良いことが書いてあるかは上手く説明は出来ませんが、感銘は受けました。

テレビが現在の形を改めない限り今の人たちには受け入れられない、と記事内で語っておられましたが、私も同じ意見でした。


情報系の大学行ってるだけに、周りの友人も自然とネットを多用している人だらけです。
そういう人たちとテレビのあり方について議論を交わすと、やはり今のテレビ番組はネットにちりばめられているコンテンツに負けてしまうという部分に関しては皆納得でした。

私は、そういう番組の中で良い番組を選り抜いて見てはいますが、それも多数ある中での数番組ですので、決して良いものばかりではないと、感じますね。


あと、あまりネットに親しみのない人に「テレビ番組がなくなったらどうする?」と、聞いたところ「人との共通の話題がなくなり困る」との回答を得ました。
しかし本当にそうでしょうか?

ブログで言うなら、アルファブロガーが書く記事には自然と多くの人が目を通すでしょうし、群を抜いて人気のあるコンテンツはまだかなりの多さとは言い難いでしょう。
もし、テレビという媒体が無くなっても案外共通の話題なんてどうにでもなるんじゃない?w、と感じて仕方がありません。


ニコニコ動画なんてその最たるもので、友人との会話でもだいたいはその話題で盛り上がったりできてしまいます。



ネット上にはテレビが無くなっても受け入れるだけの環境は整っている。
あとはいつテレビという媒体が破綻するか?、それに対してテレビ業界はどのような改善策を講じるのかな〜?と、今の興味はテレビ番組よりそちらに向いていますw




P.S
堀江さんが記事見てくれたら嬉しいなw